保湿美容液を使って失われる肌の水分を守ろう

レディー

スキンケアの方法

ウーマン

アトピーの症状が悪化すると肌が固くなり色素沈着をおこす苔癬化と呼ばれる症状が現れることがあります。この苔癬化を防ぐには日常のスキンケアが大切です。アトピーのスキンケアは化粧品を活用することで効果的に行えます。肌への刺激を極力抑えしっかりと保湿ケアを行えば少しずつ肌質の改善も行えるのでおすすめです。

もっと読む

対策のポイント

女の人

乾燥肌でメイクを行うのであれば保湿成分のある下地を使用するようにしましょう。保湿成分があると肌の水分を保ってくれる効果があり、安心です。過剰なスキンケアや部屋の乾燥も乾燥肌の原因になるので両方に注意しましょう。

もっと読む

乾燥肌を防ぐ

コスメ

乾燥肌を防ぐために使われるコスメには大きく乳液と保湿美容液の2種類があります。多くの人々はそのどちらかを利用していますが、2つの違いを知っている人は少なくありません。簡単に言えば乳液は、乳化(水と油を結合)させた物質が含まれています。それを肌に塗ることで肌から揮発する水分を抑えて乾燥から守るわけです。一方、保湿美容液は乳液以外の保湿効果のあるものとなります。多くの商品に配合されているものにはコラーゲンやヒアルロン酸が挙げられます。この成分は保水性が高いため、肌に水分を留まらせて置くことができます。どちらでも乾燥肌防止に役に立ちますが、近年では保湿美容液の種類が豊富で多く使われている傾向にあります。

ただ、いくら保湿美容液や乳液を使っても、その使い方が誤っていたら元も子もありません。ひと昔前まではコットンに染み込ませて利用する人が多かったです。しかし、コットンには目に見えない凹凸があり、それが肌を傷つける要因になっていました。そのため、現在ではほとんどコットンの使用は推奨されていません。その代わりに用いられているのが、実のところ手です。手で柔らかく包み込むように塗ることで十分に効果を得られます。また手の温度が美容液や乳液の成分に伝わって、すぐに肌に浸透しやすくなるメリットもあります。鼻や眉間などは指で馴染ませるのが良いです。ただし、叩いたり強く擦ったりするのは肌を傷つけるため厳禁となります。

専用アイテムが増加

婦人

敏感肌の人向けの化粧品は増加傾向にあります。その特徴は合成成分を極力排除した点やアルコールなどの肌を刺激する成分を使用していない点です。しかしながら、肌のコンディションに合わせて使用することや、専用アイテムだからと言って過信しないことが大切です。

もっと読む