保湿美容液を使って失われる肌の水分を守ろう

ウーマン

対策のポイント

女の人

メイク中も保湿を重視

肌が日頃から乾燥しやすい人はメイクをして時間が経つとパサパサした肌の状態になってしまいます。乾燥肌でメイクを行うのであれば下地に保湿成分が含まれているものを使用するようにしましょう。保湿成分がある下地は肌の水分を保ってくれるので、乾燥肌であっても長時間、メイクによる化粧崩れなどから守ってくれるので安心です。肌がどうしても弱く下地などを使用出来ない場合は、ミスト系の化粧水等を適度に顔に付けてメイク直しをするのが無難です。特に目元や口元が一番乾燥しやすい部分でもあり、そのままの状態で放置してしまう方が肌には良くないのです。自分の肌の状態を見極め、乾燥肌と向き合いつつ保湿を心掛けるようにしましょう。

塗り過ぎに注意

スキンケアの定番は化粧水と乳液の二点であり、肌の状態などに合わせて美容液とクリームを併用します。乾燥肌の場合は水分と油分、両方が不足してバランスが崩れているため必ず化粧水と乳液の二点は必須になりますが、それでも乾燥を感じるのであれば保湿クリームを使用しましょう。ただし乾燥が気になるからと何度もクリームを塗り重ねたり、化粧水と乳液だけで保湿されて保護されているのにも関わらずクリームを塗る等の過剰なスキンケアは更なる乾燥肌を引き起こしますので注意が必要です。スキンケアを終えたら両手を肌に乗せてしっとり感を確かめることと部屋が乾燥しきっていないかに重点を置くことが大切です。化粧品以外でも日頃の生活環境からも乾燥肌を及ぼす原因は潜んでいるのです。